maneo SL運営会社

IPOに現実味、maneoの2018年3月期決算分析

maneoが2018年3月期の損益計算書を開示。貸借対照表(B/S)の開示はなされていませんが、大幅な増収増益を達成しています。

IPO期待があるmaneoは、IPOを考えるとデリケートな時期なので貸借対照表が非開示なのはやむを得ない面もあります。ただし利益面では経常利益7億円を達成し、IPOが現実味を帯びてきたと言ってよいでしょう。

開示された損益計算書について解説してみます。

スポンサードリンク

maneoが損益決算書を開示

未上場企業なのでmaneoには本来決算書の開示義務はありません。しかしながらソーシャルレンディング事業の業界最大手企業として、率先して決算書を開示してきたmaneo。

2018年3月期決算も決算書を開示しました。しかーし、よく見てみると今回は損益決算書のみの開示。うーむ、IPOに向けて微妙な時期なので主幹事証券会社から指導が入ったのでしょうか。

通常だと明らかにマイナス要因ですが、IPO控えているなら仕方ないと思います。もうこれはIPOを待つしかない、ということで前向きに捉えるとします。

そんな訳でmaneoの2018年3月期決算、損益計算書を見てみましょう。

前期比2倍以上の大幅な増益を達成

maneoの18/3期決算は売上高32億円(対前年同期比+150%増)、経常利益7億円(同+216%増)、当期純利益5億円(同+235%)となり、大幅な増収増益を達成。売上高は約1.5倍、経常利益・当期純利益は2倍以上の増加。


maenoの18/3期損益計算書(maneoのサイトより

ソーシャルレンディング業界のガリバー的存在のmaneo、昨年度も順調に累計調達金額を積み上げた結果、見事な成績を残しています。

ちなみに前々期の16/3期は営業利益・経常利益ともに3億円。前期は営業利益・経常利益ともに3億円レベルでそれほど増益となりませんでしたが、当期に一気に利益がジャンプアップした形となっています。

昨年のソーシャルレンディング業界の市場の伸びを、maneoの利益の伸びが体現しているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

金融機関の決算書は貸借対照表(B/S)を見ないと実体は分からない

恐らくmaneoはIPOを控えていると考えられるので、IPO前に決算書開示するのはやめなされ、と主幹事に指導され貸借対照表(B/S)の開示をやめたのでは?、と好意的に解釈しますが、本来金融機関はB/Sを見ないと、その経営状況の実態把握はできません。

不良債権まみれの金融機関でも、表面上の利益は損益計算書(P/S)でいくらでも利益の出ているような会社に見せることができます。1990年代後半から2000年代半ばまで日本の金融機関(特に銀行)は不良債権処理に苦しんだ訳ですが、目先は利益が出ているハズなのに過去に貸したお金が腐っていき、B/S上とっても苦労した、というのがその歴史です。(簡単に表現し過ぎていますが)

ソーシャルレンディング事業者も金融機関に変わりないので、B/Sを見ないとその企業実態が分かりません。

ソーシャルレンディング業界として、決算書の開示の方向にあるのは良い方向なのは間違いありません。折角開示されている決算書、投資家はしっかり読み解く努力が求められます。ただしソーシャルレンディング事業者の決算書は、正直分析するに値しない(まだスタートアップで分析しようがない)企業が多いので、今の所は決算書が開示されていても、手の打ちようがない会社が殆ど、という実情もありますが。

ソーシャルレンディング業界自体がまだ業界としては若いのでやむを得ない面もありますが、布団は天日干しするのが一番。決算書は開示する、というソーシャルレンディング業界の方向性自体は正しいので、この方向性は維持して欲しいなぁ、と思う所です。

まとめ

さすがmaneoは儲かってるなー、と正直思いました。経常利益で7億円レベルなら十分IPO可能な水準ですね。当期純利益4億円なら、IPO時の時価総額100億円も可能でしょう。

maneoはVC株主が多数参入しているので、体制面等に問題がないようなら業績自体はIPOレベルに達しているので(損益計算書だけを見る限りでは)、2018年のIPOの期待感が高まります。SMBC日興証券主幹事で今年度のIPOの運びとなるのでしょうか?

関連記事(外部サイト):maneo(マネオ)のIPO、主幹事はSMBC日興証券が有力

ソーシャルレンディングでは既にオーナーズブックを運営しているロードスターキャピタルがIPOしていますが、実態としては不動産投資会社です。よってソーシャルレンディング専業の会社としてのmaneoのIPOを期待しています。

クラウドポートのデータを見るとmaneoは4月に78億円も募集しており、当期も順調に集金がなされているようです。

今後のmaneoの成長にも期待したいと思います。

maneoの会員登録はコチラからどうぞ

maneoの関連記事
業界最大手maneo(マネオ)について

maneoが成立ローン総額1000億円を突破

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-maneo, SL運営会社