SL運営会社 トラストレンディング

トラストレンディングがお得な会員登録キャンペーンを17年12月まで実施中

2018/01/04

金融コンサルやノンバンクを運営のエーアイトラストが運営のソーシャルレンディング・トラストレンディングが2017年12月29日まで新規会員登録キャンペーンを実施中。

キャンペーン期間中に新規会員登録を行いメルマガ購読を開始すると、全員に1,600円の現金がプレゼントされます。

知名度はまだ低いものの、利回り高めの案件が多いトラストレンディングで将来的な会員登録をボンヤリとでも考えているようなら、キャンペーン機関中の会員登録がオススメです。

トラストレンディングの会員登録キャンペーンが開始

金融コンサルやノンバンク等を展開するエーアイトラスト株式会社(旧社名:トラストファイナンス)が展開しているソーシャルレンディングがトラストレンディング。ソーシャルレンディング専業の事業者が多い中で、トラストレンディングの存在は非常にユニークと言えます。

トラストレンディングは2015年11月よりサービス開始の新興事業者ですが、順調に案件を積み上げています。国内案件で利回り10%以上の案件も募集をしており、高い利回りを提供の事業者と言えます。

そんなトラストレンディングですが、過去何度か新規会員募集のキャンペーンを実施しています。前回は2017年6月まで約1年に渡りキャンペーンを実施。長期間に渡るキャンペーンであり、しばらくはキャンペーンの募集は無いか・・・、と思っていたら、9月1日より再びキャンペーンを開始。今回は12月29日までと約4ヶ月のキャンペーン期間となります。

ソーシャルレンディング事業者としては、maneo他と比べると知る人ぞ知る存在ですが、キャンペーンの内容が充実しており、投資リスクの無い無料会員登録のみでも現金1,500円のプレゼントが貰えるので、同社に興味があるようなら、今回のキャンペーン期間に会員登録+メルマガ登録をされてはいかがでしょうか?


キャンペーンは2017年12月29日まで

トラストレンディングのキャンペーン内容

2年前はソーシャルレンディング事業者各社が、様々な形で新規会員募集のキャンペーンを行っていましたが、流石に世間一般へのソーシャルレンディングの知名度もアップしている現在、キャンペーンを実施の会社も少なくなりました。

とは言え、新規に市場参入した事業者にとっては投資家に会員登録をしてもらわないと、いくら優良な融資先を見つけても何も始まらないため、会員募集のキャンペーンを行うケースは今もあります。

会社によってキャンペーンの内容は様々ですが、以前よりトラストレンディングのキャンペーン内容はお得な内容となっています。


①.新規会員登録+メルマガ購読登録完了の全員に現金1,500円をプレゼント

②.①の対象者で10万円以上の新規取引を行うと現金3,500円をプレゼント

会員登録者の中から抽選で〇〇をプレゼントとのキャンペーンの業者もある中で、トラストレンディングは対象者全員に現金をプレゼント、との内容になっています。太っ腹ですね。

②は10万円以上の案件への出資が条件となりますが、①であれば会員登録+メルマガ購読だけなので、投資リスクはありません。

ソーシャルレンディングは投資金額を増やすのであれば、分散投資が必要不可欠となります。分散投資のためには、多くの事業者での口座開設が必要不可欠となります。投資する・しない以前に、機動的に動けるように事前に各事業者への口座開設がオススメですが、その意味ではキャンペーン期間中のトランストレンディングの口座開設=会員登録は現金プレゼントもあるため、オススメです。

登録するとメルマガで各案件の案内もあるので、必然的に同社の案件内容も知ることになります。いざ投資をしようとなった際に、一歩早く動く事ができますし、仮にメルマガを読んで、この会社はちょっと合わないなー、と言うことを事前に気付くこともできます。

正直先に口座開設すると管理が面倒・・・、との面は否定しませんが、現金プレゼントを考えれば、将来的にトラストレンディングの口座開設に興味があるなら、キャンペーンの利用がお得ではあります。

ソーシャルレンディング事業者のリスクは認識すること

ソーシャルレンディング投資において、他の投資と一番違うと言ってもよいのは、ソーシャルレンディングを運営している事業者のリスクがあること。

正直、この事業者のリスクが払拭できない限り業界全体として健全な成長は難しい訳ですが、理想よりも先に投資家は自らの身は自らで守る必要があります。

ソーシャルレンディング業界で、事業者リスクが少ない先と言えば、株主を見て選ぶのが一番分かり易いと思います。

関連記事:株主で見る、怪しくないソーシャルレンディング運営会社の選び方

先日、オーナーズブックを運営のロードスターキャピタルも上場申請し9月28日には上場会社の仲間入りなので、オーナーズブックも事業者リスクが少ない先の仲間入りとなります。

今回キャンペーンを紹介したトラストレンディングを運営のエーアイトラスト株式会社(旧社名、トラストファイナンス)は資本金1億円ではありますが、株主情報は開示されていない未上場会社。個人投資家がエーアイトラストに対して調べられる事には限界があります。

さすがにオーナーズブック=運営のロードスターキャピタルが上場企業、SBIソーシャルレンディング=東証1部上場のSBIグループ企業、ともなればそれ程事業者のリスクは考えずともよいかもですが、トラストレンディングを運営のエーアイトラストは未上場会社で会社の情報もそれ程無い、という点は充分に認識すべきと考えます。

管理人的にはトラストレンディングに限らず、未上場のソーシャルレンディング事業者は基本的に事業者リスクがあるもの、という前提で見たほうが良いと思います。最大手のmaneoも含め。その意味では不動産会社との色彩でIPOするオーナーズブックを運営のロードスターキャピタルは、うまい事するなー、と思います。

まとめ

ソーシャルレンディングも一般的な認知が広がり、事業者各社が会員募集のキャンペーン
を行うケースは以前に比べると減少しています。

ただトラストレンディング他、特に新興系の事業者は今も会員募集のキャンペーンを開催のケースがあり、口座開設=会員登録するのであればキャンペーン期間の最中がお得になります。

6月でキャンペーンが終了していたトラストレンディングが、9月より再びキャンペーンを開始したので、ご紹介まで。トラストレンディングに興味があるようなら、この機会に会員登録してはいかがでしょうか?

トレストレンディングの会員登録詳細を見てみる


トラストレンディングの関連記事
ラッキーバンクとトラストレンディングの違い

ラッキーバンクとトラストレンディングに金融庁検査が入っている!

-SL運営会社, トラストレンディング