投資ノウハウ

月に5万円以上投資で稼ぐ大変さ、安直にトラリピFXやスワップ投資を行ってはいけない

スワップ投資にトラリピ等のホッタラカシ系のFX投資が人気化しているようです。ただしFX経験者の目から見ると、たとえホッタラカシ系の手法であってもFXは損切が必要不可欠であり、メンタル面での負荷は高めと言えます。

ホッタラカシ投資のストレスの低さと再現性の高さという観点では、FX系の投資方法よりもソーシャルレンディングの方が、ハードルは低いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

FXのトラリピやスワップ投資が人気

お久しぶりでございます。完全にさぼって記事の更新していませんでした・・・。ま、そんなにPVのないブログなんですが、今後はソーシャルレンディングだけでなく資産運用系の記事も書いてみようと思います。

実は先日某ASPさんとお話する機会がありました。当サイトは最近殆ど更新できておらず、ASPさんの目から見ても、全然収益の上がってないサイトなのですが、折角の機会なので、最近発生している案件を聞いてみました。

すると出てきたお話が、FXのトラリピやスワップ投資のお話。あとシステムトレードとか。ソーシャルレンディングもボチボチ発生しているようですが、熱いのはFXの自動売買系。

やはりホッタラカシ投資というのは根強い人気で、FXのスワップ投資は典型例。最近はポーランドズロチが人気だそうで・・・。あとトラリピもリアルマネーで投資をしているサイトが増えていて、それらのサイトからの発生が増えている様子。

それはすごいなー、と思いつつもリアルマネーさらすリスクを取っているので、私にゃできんな・・・、と思いました。

しかし日本人はホッタラカシ投資で利益を出そうとする傾向があるなぁ。その昔、リーマンショク前のFX投資家の殆どが、スワップ投資で焼け野原になってしまったの、もう忘れられてしまったのか・・・。トラリピはうまくやれば・・・、けど損切できないと結果は一緒じゃないかと。トラリピの損切って、スワップ投資の損切と一緒で、実行のハードル高いのではないか、と思いますが、どんなもんでしょ。

FXや副業で月5-10万円稼ぎたい人が殆ど

どこで見たか若干記憶があいまいですが、FXを始める方の殆どが月5-10万円の副収入を目的としている、と読んだことがあります。月10万円は無理でも5万円なら何とかなりそう、そんな数字ですね。

ただし月5万円って、年間60万円。月5万円と聞くとハードルそんなに高くない感もありますが、年間60万円と聞くとハードル高く感じませんか?

そしてFXで裁量トレードを試みる初心者トレーダーの多くが、月5万円を儲けるどころか、アッというまに大金をスッテ退場することになる・・・。以前に比べると変なFX商材も減って、FXでパパッと利益が出ます!、みたいなノリも無くなりましたが、それでもFXで短期間に夢を見てしまう方は一定数存在します。

FXトレードしている管理人から見ると、しっかり勉強して最終的に勝てるようになればFX自体は決して悪い存在ではないのですが、安直な気持ちで行うから変なことになる訳です。やはりお金は簡単には儲けられませんって。

ホッタラカシ投資で簡単に利益が積みあがる程、世の中甘くは出来ていません。ここは最初に認識しておくべきではないかと。

冷静に月5万円、年間60万円を稼ごうとすれば金利10%の金融商品を600万円分購入する必要があります。ソーシャルレンディングで年利10%の案件は、確かに存在しますがハードル高めです。信頼のある事業者で金利10%オーバーとなると、相当ハードル上がります。

そもそも600万円の投資資金を用意する部分が難しい訳ですが、冷静に考えてホッタラカシ投資で月5万円を儲けるハードルがどれだけ高いのか、という部分が理解できるのではないでしょうか。


・投資の収益は種銭の規模に大きく左右されます

ホッタラカシで5万円以上儲けるのは難しいと理解する事

金利が好きな日本人、ホッタラカシにしておいても日々金利が付くような金融商品が大好きです。リーマンショック前のスワップ投資、つい夏までのトルコリラのスワップ投資、南アフリカランドにメキシコペソ。ソーシャルレンディングだってホッタラカシ投資のカテゴリーに入ります。

スワップ投資で月5万円というと、金利のお話なのでやはりけっこうな種銭が必要となります。

一方でトラリピを始めとする自動売買系は、月5万円のための種銭はスワップ投資に比べると、種銭は少なくなります。しかしながら一方で、日常的に種銭が棄損するリスクが発生します。

そのリスクがあるから、種銭が少なくても月5万円のハードルが下がる訳ですが、裁量FXトレード同様、取引の設定に自らの経験や知見を入れて運用しないとうまくいきません。

それは簡単なホッタラカシ投資ではなくなってしまいます。だから利益が出るようになる訳ですが、基本的には金融商品はリスクとリターンが見合っている、という部分は認識を行うべきと考えます。

スポンサードリンク

損切ができないとFXでは生き残れない、損切できますか?

管理人の10年以上のFXの経験から言えば、FXは損切が出来ないと生き残りできません。それはスワップ投資もそうですし、トラリピ系の自動売買も一緒。

裁量トレードに比べれば、スワップ投資や自動売買系は損切のお世話になる事は少ないのですが、逆にそれが盲点。

損切は慣れないとできません!

スワップ投資や自動売買でタマに発生する損切、少なくとも手動で初心者が簡単にできるとは思えません。まして金額が大きくなれば、そのハードルは高くなります。

そしてタマに発生する損切をその都度その都度で損切しないと、後で大やけどすることになります。この辺りの心理はマンガ『FX戦士くるみちゃん』(登録等なく無料で閲覧可能)が詳しいので、一読をお勧めします。スワップ投資や自動売買系、裁量トレーダー以外も読んでおいて損はないマンガですよ。

『FX戦士くるみちゃん』のサイト


・FXは損切できないと時として大変なことになります

ソーシャルレンディングはホッタラカシ投資に一番近い存在ではないか

恐らく純粋にホッタラカシ投資で利益が出る金融商品はないと考えます。

ただしその中でもソーシャルレンディングはツボさえ押さえれば、リスクを抑えてホッタラカシ投資に近い事ができる金融商品ではないかな、と思います。

残念ながらソーシャルレンディング事業者リスクの部分は自分で調べる必要がありますが、そこは少しの努力と分散投資で、リスクを減らすことができます。

あとFX関係の投資に比べると、損切の精神的負担がソーシャルレンディングはありません。FXと損切は切っても切れない関係ですが、多くの投資家はギリギリの所に来る迄、損切できません。適宜損切を入れられれば、もう中級者以上です、ホント。

最初に色々調べて、GOサインを出したら、あとは償還まで待つだけ。途中解約可能なファンドも、投資型クラウドファンディングの中にはありますが、ソーシャルレンディングは原則期限到来まで投資家はできる事がないので、好むと好まざるとにかかわらず、ホッタラカシにならざるを得ません。

当然ソーシャルレンディングもリスクのある金融商品ですが、同じリターンを得るならFX系の投資に比べるとストレス無くリターンを得る事ができるのではないかな。投資のストレスって、案外大切な要素です。FX系の投資方法で含み損の時のストレスは、実際になってみないと分からないものです。

そのストレスも投資のうち、と割り切れたり楽しめればよいのですが、それが無理だと苦行になります。

まとめ、リスクのない投資はないと理解すること

結論としてはリスクのない投資はない、と理解することが必要不可欠。投資で月5万円儲けようと思ったら、相当ハードルが高い事は投資資金600万円で年利10%という時点で理解はできるのではないかと。

FXのトラリピを始めとする自動売買系やスワップ投資は否定する訳ではありませんが、投資する側がしっかりとリスクを認識することが大切。リーマンショックの際にスワップ投資家の殆どが丸焦げになっている歴史的事実は、知っておいて損はありません。

FXトレードを手掛けている立場からすると、損切は簡単に出来ないのでFX系の投資方法で損切のストレスや損切できずに大損するリスクを考えれば、多少リターンは劣りますが、ソーシャルレンディングへの投資の方が再現性が高くストレスも少ないのではないかな、と思います。当然、事業者リスクの判断や分散投資は必要不可欠ですが。

FX投資は面白いのですが、学ぶ部分が非常に多岐に渡るので、ホッタラカシ投資という訳にはいかない、と管理人は考えています。

ソーシャルレンディング投資のブームが一巡した感がある中で、FX系の投資が盛り上がりつつあるようなので、両者に関与している立場から見ると、ホッタラカシ投資を目指すならソーシャルレンディング投資の方が近道ではないか、と思い本文書いてみました。

FXも面白いんですけどね、資産運用や投資というより、知らず知らずレバレッジを効かしたガッツリトレードになってしまう傾向があるんですよね。

なんの投資もリスクはありますが、リスクやリターンを踏まえた上で、自分のタイプに合った方法で進めたいですね。

・最初の段階でソーシャルレンディングに投資を検討するなら、上場企業グループが手掛けるソーシャルレンディングならリスクを抑えることができます。上場会社及びそのグループが取り組む主なソーシャルレンディングは下記2社です。

SBIソーシャルレンディングの口座開設詳細を見てみる
SBIソーシャルレンディング

オーナーズブックの口座開設詳細を見てみる
OwnersBook


投資に興味があるなら下記もご覧ください
ソーシャルレンディング投資でも注意したいポジポジ病、治らないなら逃げ道のご用意を

トルコリラの急落からソーシャルレンディング投資家が学べる事、分散投資の大切さ

ソーシャルレンディングの分散投資の5つのポイント

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-投資ノウハウ