投資ノウハウ

ホッタラカシ投資の対極、資産運用目的で裁量FXトレードをしてはいけない

空いた時間にパパッとトレードして資金を増やす。そんなスタイルにあこがれて、FXトレードを行う方がいます。

しかし特に短期のFXトレードは、FXトレードの中でも非常にレベルの高いトレードです。

余剰資金を増やそうとしてFXに取り組んだ結果、逆に資金を失ってします・・・、そんな方も少なからず存在します。

ホッタラカシ投資という観点では、ソーシャルレンディングと通常のFXトレードは対極に位置します。

ホッタラカシでの資産運用を求めるのなら、少なくともFXは対象とはなりえません。どんなスタンスで資産運用を行いたいのか、という視点は投資を行う際は常に忘れずに持ち続けたいものです。

スポンサードリンク

FXの裁量トレードは資産運用ではない

意見はそれぞれあろうかと思いますが、管理人はFXの裁量トレードは資産運用ではないと考えています。トレーディングという別ジャンルの存在では?

資産運用は基本的に、それほど手間をかけずに投資資金の増加を求めるものです。さすがにホッタラカシという訳には行きませんが(日本人はホッタラカシを求めがちですが)、手間をそんなにかけない所が大切。

その観点でいえば、FXの裁量トレードは非常に手間がかかります。確かに通常の投資に比べると大きな利益が得られる可能性がありますが、それだけリスクも高く、お金を増やすための技量が求められます。よってホッタラカシはできませんし、ホッタラカシだと資金が0になる可能性もあります。そう考えると資産運用とは異なる世界の住人となります。

実はソーシャルレンディングはFXの裁量トレードでうまく行かずに行き着く方が多いので、上記案外分かる方が多いのでは?

FXでうまくいかなくても、ソーシャルレンディングでうまく行っている投資家の方、案外多いです。

やるべき事自体はFXよりも遥かに少ないソーシャルレンディング投資、やるべきことを抑えれば、利益を得られる可能性はFXよりも高いです。


・FXでやられた結果、ソーシャルレンディング投資をスタートした投資家も多い

トラリピなどの自動売買やスワップ投資はまだ資産運用と言える

FXの中でも裁量トレードとは異なり、トラリピなどの自動売買、スワップ投資は裁量トレードほど投資家の技量は問われないため、まだ資産運用と言えます。

しかしそれでもFX独特のレバレッジを効かせることができるため、儲かりそうだからと深い考えなしに取り組むと大やけどするリスクがあります。

例えばリーマンショック前に自動売買系はそんなに流行ではありませんでしたが、スワップ投資はリーマンショック前にブームが起きていました。スワップ投資で儲ける!、といった書籍も書店に行くと結構並んでいて、多くの投資家がFXのスワップ投資に取り組んでいました。

しかしながら殆どの投資家がリーマンショックで撤退を余儀なくされています。レバレッジをかけすぎて強制ロスカットにあった、通常時ならレバレッジは問題なかったがあまりの相場の急変に低レバレッジでもロスカットにあった、損切りという発想自体がなかった等、理由は様々ですがリーマンショックで多くのスワップ投資家が市場からの撤退を余儀なくされています。

現在の投資界隈、案外若い方が多いので、実はリーマンショックの経験者が少なかったりします。特にFXクラスターはその傾向がありますが、それはなぜかといえばリーマンショックで店じまいしてしまった方が多いから・・・。

スワップ投資もトラリピなどの自動売買系も投資や資産運用としては「あり」ですが、撤退ルールやレバレッジのかけ方等、事前準備しないとそれでも一気にやられてしまうFX独特のリスクがある点はよくよく認識すべきです。

ソーシャルレンディングと対極にある裁量FXトレード

ソーシャルレンディング投資はホッタラカシ投資の行き着く先と管理人は考えていますが、その対極にあるのが裁量FXトレードです。勉強は必要ですし、短期志向なら常時チャートのチェックは必要だし等々、ホッタラカシにできる要素は限られます。

よって特にホッタラカシ投資を志向する方に裁量FXトレードはオススメできません。パパッと空いている時間にトレードして、毎日お小遣いがもらえる。確かにそんな事ができれば理想ですが、それができないから皆苦労している訳です・・・。

そもそも株式市場以上にプロ投資家が幅を利かせている為替市場、そんなに簡単に儲けさせてはもらえませんよ。お酒飲んでFXトレードしたり・根拠なくトレードしたり等、個人トレーダーの失敗談は山のようにありますが、根っこの部分で戦う相手がいるFXトレード、勉強や経験を重ねてコチラのレベルを上げてから挑まないと勝てませんので。その認識を持つことなく、サクッと稼げるイメージで裁量FXトレードやって、大きな損失を計上するケース、今も昔もコンスタントに見られるので、ご注意を。

スポンサードリンク

ホッタラカシ投資を求めるならそのスタンスを変えてはいけない

完全なホッタラカシ投資は無いという前提となりますが、それでも仕事とは別に溜めた資金で資産運用したい、それも手間がそれほどかからない形で=ホッタラカシ、と考えるようなら、そのスタンス自体を変えてはいけません。

儲かりそうだからと裁量FXトレードや先物のデイトレに取り組むのは、当初のホッタラカシ投資を志向するスタンスとはかけ離れています。

最終的に専業トレーダーを目指す!、というのなら話は別ですが、数としては少数派でしょう。

余剰資金で資産運用を行いたいというのであれば、そこで急に飛躍して短期間で利益が出そうな方向に向かうのではなく、ジックリと資金が増える形の投資商品や投資方法への道に進むべきです。

まとめ、短期の裁量FXトレードは難しい・・・

結局まとめてしまうと、短期の裁量FXトレードは難しい!、これに尽きます。
空いた時間にパパッとトレードして勝てる、そんなに世の中甘くありません。

確かに勉強と経験で短期FXトレードがマスターできる可能性はあります。しかしそれをするには、為替市場に勉強代を払いながら相当な期間の勉強と経験が必要です。だから軽い気持ちでFXに取り組んだ結果、大きな損失を計上して撤退する・・・。そんなサイクルは今も続いています。

短期間でお金を増やす誘惑はありますが、やはりそれはハードルが高く、目的=資金を増やす、から考えると遠回りになってしまう可能性が高いです。

事業者の下調べや、ファンドの内容等、事前準備は必要ですが、一度投資してしまえばファンドの償還を待つだけのソーシャルレンディングは、裁量FXトレードとは正反対の位置にあります。

もし投資資金を資産運用で手間なく増やしたいというのであれば、まず検討するべきはFXの裁量トレードではありません。

短期FXトレードの誘惑は否定できませんが、自分がどんなスタンスで投資や資産運用に臨むのか、という点を充分に理解した上で、実際の投資活動を行うべきではないでしょうか。

・FXでなくともソーシャルレンディングでも海外への投資が可能です。クラウドクレジットは海外特化型のソーシャルレンディング会社です。為替リスクのある案件もありますが、為替ヘッジを行い為替リスクのない案件も存在します。そして海外案件であり金利は高めに設定されています。海外投資を志向するならFX以外にもクラウドクレジットでソーシャルレンディングの海外案件に投資するという手段もありますよ。

クラウドクレジットの詳細を見てみる





・関連記事:ユニークな存在のクラウドクレジットについて

ソーシャルレンディング以外にも通じる投資ノウハウ記事はコチラ
つまらない投資ほどうまく行く可能性が高い

投資で損をした時にヤッテはいけない2つの事

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-投資ノウハウ