投資ノウハウ

1,000円単位ならソーシャルレンディング投資でも複利効果が期待ができる

ソーシャルレンディング投資は最低ロットが10,000円からとなります。ただしクラウドバンクは、10,000円以上なら1,000円単位での投資を受け付けています。

投資で資産増加を図るのなら、複利効果を得ることが必要不可欠です。金利の高いソーシャルレンディング投資にて1,000円単位で投資することで、複利効果を得るハードルを下げることができます。

分配金をそのまま再投資に回すことができる、1,000円単位でのソーシャルレンディング投資も検討してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

最低ロット10,000円からのソーシャルレンディング投資

フィンテックが日本でも盛り上がりつつあり、買い物のお釣りで投資ができる、といったようなサービスも出現しています。

既にまとまったお金のある人はさておき、これからお金貯めようか、という人にとって、お釣りで投資ができるというアイディアは良いのではないかなー、と思います。

ソーシャルレンディングの投資家は、投資家層の中でも中~上級者が多いようです。株やらFXやら色々やってきて、最終的にソーシャルレンディングに行きついた方もおられます。
だから、そんなに小口投資でなくてもソーシャルレンディング事業者も投資家も不便していない一面があります。まぁ、某事業者のように1口の最低投資金額が10万円からになると、さすがに大きいのでは?、と思ってしまいますが、結構なロットをソーシャルレンディング投資に振り向けている投資家もいるので、必然的に投資上級者限定になるので、それはそれで“あり”ではないかな、とも思います。

10,000円単位だと複利効果が得にくい

人類最大の発明とアインシュタインが言った複利効果ですが、投資は複利効果が得られると、時間の経過とともに飛躍的に資産増加を果たすことができます。

ま、投資元本が棄損しないことが大前提ですが、それは分散投資でカバーできる部分が多いです。よって投資は複利効果をいかに発揮するか、という点が将来の資産増加を大きく左右します。

複利効果を得るには金利部分を再度投資元本に充当する必要があります。投資信託は分配金を自動的に投資元本に投入する仕組みの商品が存在しており、実は複利効果を手間なく享受できる金融商品です。

金利5~10%の案件の多いソーシャルレンディングも、複利で回すことが出来れば、ただでさえ高利回りなので、複利効果も相まって資産増加を早期に実現できる可能性があります。

ただしここで問題となってくるのは、ソーシャルレンディング投資は最低投資ロットが1万円から、という部分。

1年ものの金利10%の案件に10万円投資すれば、1年後には11万円になっているので、翌年11万円全額を再度ソーシャルレンディング投資に充てることができれば、複利効果を得ることができます。(ただし実際は分配金から源泉徴収されるので、手元に1万円の金利収入は得られません)

ソーシャルレンディングで複利効果を得ようとすれば、金利を1万円以上積み上げないと、実行できません。まぁソーシャルレンディング投資家の場合、100万円単位で投資している方も多いようなので、そんな細かい事言わんでも、という意見も出てきそうですが、それでも細かい金額でも追加投資に充当できれば、複利での利回りアップを果たすことができます。


1万円単位だと複利効果を得るのに相応の投資金額が必要です

ファンド運営の観点からは手間がかかるので小口現金は扱いたくない

ファンド運営側は、正直な所は細かい現金は扱いたくありません。理想としては大口投資家数名に集まってもらってファンドを運営する、コレが理想のスタイル。同じ10億円のファンドでも投資家5名で各2億円ずつのケースと、投資家1,000名で各100万円では、投資家にかかる手間は後者が圧倒的に多くなります。

ファンド運営者は当然投資家に対して誠実に対応する義務があります。ただしファンド運営側もビジネスやってる訳で、人的資源も限られます。限られたマンパワーの中で、1,000人に同じ対応するのと、5名に対応するのとでは、手間が全く異なります。

ソーシャルレンディングに限りませんが、ファンド運営会社は基本的にファンドの出資者数が増えるよりも、少数の投資家で金額が増えるほうが喜びます。ソーシャルレンディングでも1万円からの投資家受入は、よくやるなー、と今でも思う部分があります。

まして最低金額1万円を撤廃して、1,000円単位で投資受入れを始めたら、ソーシャルレンディング運営会社も大変だろうな、と思います。

ただしソーシャルレンディング投資家の立場からは、1,000円単位で投資ができるようなら、受け取った小額の金利を再度投資に回すことで複利効果を得やすくなるため、あったらいいなー、という制度です。

クラウドバンクは10、000円以上1,000円単位で投資が可能

老舗且つ大手ソーシャルレンディングの一角であるクラウドバンクも最低投資金額は10,000円からです。しかしながらクラウドバンクは、最低投資金額は10,000円ながら、1,000円単位で投資金額を決定することが可能です。

よって11,000円とか16,000円とか中途半端な金額でのソーシャルレンディング投資ができます。よってソーシャルレンディング投資を複利で回そうとした時には、無くてはならない存在となります。

100万円単位でソーシャルレンディング投資をしていて、既に1万円単位での金利収入があればそれほど気にする必要はないかもしれませんが、投資初期の頃には1,000円単位での投資は複利効果に威力を発揮します。

投資資金は多ければ多いほど投資の打ち手が増えるため、投資初期の頃は塵も積もれば山となる方式でお金を増やす必要があります。その為には複利効果を得ることが必要不可欠ですが、1万円以上ながら1,000円単位で投資可能なクラウドバンクはソーシャルレンディングの最初のステージでは複利効果追求のために、非常に役立つ存在となります。


1,000円単位で投資可能なソーシャルレンディング事業者も存在

端数分をクラウドバンクで運用するという方法も

相当な資金をソーシャルレンディングに充当していても、金利収入が万単位でピッタリとなるケースは少ないと言えるでしょう。どうしても千円単位で端数がでます。

その端数はお小遣いにしてしまっても構いませんが、端数分も追加投資に回るとなると、クラウドバンクの1,000円単位で投資可能なファンドは、金利を余すことなく次のファンドに投資できる、非常に使い勝手の良い存在となります。

スポンサードリンク

クラウドバンクとは

クラウドバンクは老舗ソーシャルレンディング会社且つ大手の一角です。
過去2度金融庁から業務改善命令を受けており、あの会社は大丈夫か?、と心配する投資家も存在しています。

しかしながらクラウドバンクは2度の業務改善命令はありましたが、その間ファンドのパドーマンスで投資家に迷惑をかけていません。みんなのクレジットやラッキーバンクでソーシャルレンディング投資家の中には、大きな損失計上を余儀なくされる(されそうな)方もいますが、少なくともクラウドバンクの投資家は過去2度の業務改善命令で、肝を冷やしたことはあっても、懐が冷えたことはありません。

だからと言って、今後も同じような状況が継続できる保証はありませんが、少なくとも老舗且つ大手の一角として、金融庁からの業務改善命令はありながらも、その後対応を行い順調にファンドの募集残高を拡大しています。

クラウドバンクについては、当サイトでも過去に記事を作成しているので、そちらもご参考ください。

関連記事:<PR>1万円から投資可能、クラウドバンクは2017年に累計応募総額200億円を突破

ソーシャルレンディング投資には事業者リスクが付き物です。クラウドバンクも上場会社グループであったり、上場会社が出資をしているような立派な会社ではありませんが、これまでの実績からは、少なくとも分散投資の一角として口座開設及びファンド購入の検討には十分値する会社と言えます。

クラウドバンクの口座開設詳細はコチラからどうぞ
クラウドバンク

まとめ

ソーシャルレンディングって、同じファンドに投資すれば誰でも同じようなパフォーマンスを得ることができます。よって事業者リスクを見分ける事は必要不可欠ですが、投資の技術はそれほど問われない投資です。

ただし株式やFXトレードしている立場から見ると、投資ってトレード技術が大切、という部分が強調され過ぎている部分があります。実は損切とか資金管理といった、誰でもできるけど意外に意識されていない部分で、その後の投資パフォーマンスが大きく左右されてしまう一面があります。

ソーシャルレンディングには損切はあまり関係ありませんが、資金管理は多少なりとも応用の効く部分です。その資金管理という面で、複利効果を得るためにクラウドバンクを利用して1,000円単位でも投資資金を割り振っていくというのは、理に適っているのではないかな、と思います。

ただし、ソーシャルレンディングの金利の1,000円以下の端数部分はお小遣い、としている投資家もいて、その楽しみ方自体は投資のモチベーション維持に意外に効果を発揮するのも間違いないので、1,000円単位部分をどうするかは投資家のスタンス次第とはなります。

複利効果を求めて、1,000円単位でもソーシャルレンディング投資に資金を投じたいという思いがあるようなら、端数部分をクラウドバンクで投資する方法がありますよ、ということで。

ご興味あればクラウドバンクに口座開設してお試しください。

クラウドバンクの口座開設詳細はコチラからどうぞ
クラウドバンク

ソーシャルレンディング投資ノウハウの関連記事
ソーシャルレンディングの分散投資の5つのポイント

株主で見る、怪しくないソーシャルレンディング運営会社の選び方

つまらない投資ほどうまく行く可能性が高い

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-投資ノウハウ