投資ノウハウ

ソーシャルレンディング投資でも注意したいポジポジ病、治らないなら逃げ道のご用意を

狙っていた案件に投資できずに思わず予定外の案件に投資してしまった・・・、ソーシャルレンディングに限らずそんな経験ありませんか?

それはFXトレードで言われるポジポジ病です。ポジポジ病はFXトレードに限らず、多くの投資にとって切っても切れない関係にあります。

簡単には治らなイポジポジ病について、ソーシャルレンディング投資から見たポジポジ病について語るとともに、対処方法をご紹介します。ポジポジ病が発症する前に、先に逃げ道を作っておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

投資資金があると早く使ってしまいたい衝動に駆られる、それがポジポジ病

管理人は株から始まって、随分と色々な投資商品に投資してきました。運用という観点では現在はFXがメインだったりしますが、FXする上での注意すべき最大のテーマがあります。

それがポジポジ病。

ソーシャルレンディング投資は過去株やFXを手掛けた経験者が多いので(ソーシャルレンディングブログにFXの投資記録アップされている方もおられます)、ポジポジ病についてご存知の方も多いのではないでしょクア?

ポジポジ病というのは、投資したくてたまらない病、となります。PCの前に座ると、もう何の根拠もなくエントリーしてしまう病です。コレ実は兼業投資家のほうが重症で、何故ならトレードする機会が限られているから。せっかくトレードしようとしてPCの前に座ったのに、チャンスがなくて待ちぼうけ・・・、考えただけでもストレスです。一方で専業投資家の場合は時間がタップリあるので、あせってトレードする必要がありません。

FXで勝つための秘訣は、ポジポジ病とどうやって付き合っていくかがポイントです(個人的には克服できないと思っています)。

けどこのポジポジ病はFXが確かに有名で一番重篤化し易いのですが、他の投資でも似たような症状が発症します。それが、手元の投資資金を早く投資してしまいたい、という意識に駆られる事。

手元にある投資資金を早く投資してしまいたくなりませんか?

株式投資を積極的にやっていた時に気付いたのですが、手元にある投資資金を早く使ってしまいたい、という意識がなぜか生じます。

投資資金を投資枠とすれば、投資枠を早く使ってしまいたい誘惑。冷静になって考えると、別にチャンスが無ければ投資する必要はないんですよ。けどなぜか投資せねば・・・、という焦りに近い感情が生まれる・・・。

これ立派なポジポジ病です。株式投資の場合は、コレという銘柄を見つける事、その銘柄が買える水準となるまで待つ事、が大切となります。投資資金があると、銘柄分析に妥協したり、PERで見てどう考えても変えない水準なのに買ってしまう、という行動を取りがちです。

投資は精神的な余裕をもってやりましょー、と当然ながら言われます。けどね、投資資金があると、精神的な余裕がなくなって“投資せねば・・・”という気分に駆られます。それがポジポジ病。ポジポジ病はFXに限らない、という点は投資を行う際に知っておいて損はありません。

株でも投資信託でもソーシャルレンディングでもよいのですが、コノお金で投資しよう!、と決めたら、なぜか投資しなければならない・・・、という義務感にかられたことありませんか?もうそれは立派なポジポジ病です。ただし大丈夫ですよ、投資を行う殆どの人間がポジポジ病に多かれ少なかれなっているので。勝手な推測では、投資家の殆どはポジポジ病にかかっていると思われます。


・予定になかったハズの投資をしてしまうのがポジポジ病

ソーシャルレンディング投資におけるポジポジ病

ポジポジ病はソーシャルレンディング投資の際も発症します。

①ソーシャルレンディング用の投資資金を確保した
②よし投資しようと思ったら、クリック競争の案件
③クリック競争に負ける
④投資しなければならない、という切迫感から当初はスルーしていたファンドに投資してしまう・・・

上記のループの経験している方は多いのではないでしょうか。③の時点で一旦頭を冷やして、次の納得できるファンドを探す・条件に合ったファンドが出るまで待つ、というのが理想の姿勢。

ただし②③で投資のスイッチが入ると、スイッチを元に戻すのは大変で、結果的に予定していなかったファンドに投資してしまい、実はハイリスク案件で最終的にやられてしまう・・・、そんなケースが容易に想像されます。

上場企業及びそのグループが運営する、オーナーズブックやSBIソーシャルレンディングの案件はクリック競争の状態です。クリック競争に敗れ去った後、頭を冷やさずに急に考えを変えて、他社のファンド買っている投資家が相当数いるのでは?

お金は計画的に使う事、という小学生が習うような事がポジポジ病になると、スコンと頭の中から抜けてしまいます。

ソーシャルレンディング投資はFXに比べると、殆ど投資家のメンタル面に注意する必要はなく成果を上げられます。しかし投資資金を使ってしまいたい衝動に駆られる、ポジポジ病だけは認識しておくと、余計な投資をせずに済みます。

スポンサードリンク

ポジポジ病は治らない!付き合い方を考えるべき

投資の経験だけなら既に20年の経験が管理人はありますが、特にFXの経験から言える事は、ポジポジ病は治りません!食欲・睡眠欲・性欲と似ており、投資家にとっては克服できない欲求と考えてしまうと楽です。食と睡眠はとらないと人間死んでしまいますが、性欲は満たされなくとも死にはしない。お坊さんのように座禅を組んだら克服できる・・・、な訳ありません。

性欲とポジポジ病を一緒に並べるのは不謹慎かもしれませんが、それだけ投資家にとっては根深い欲求と言うことです。

そんな訳でポジポジ病の克服はあきらめて、どうやって付き合うべきか、という方向に舵を切るとまた新しい対処方法が見えてきます。FXの場合のポジポジ病の対処方法はご興味あれば聞いてください。

ソーシャルレンディングの場合は、少額を事前に選んでおいた他の投資商品に投資する事で、投資しなければならないという切迫感的な感情をうまく流すことができます。ソーシャルレンディングでも第一候補・第二候補を選んでおいて、第一候補がダメなら第二候補、という感じでも大丈夫です。

要は投資しなければ、という感情をいかに流すのかという点が大切で、人間案外単純で他の投資商品に小額でも投資してしまうと、投資の切迫感が和らぎます。この中で小額でも、というのが案外ポイントで、100万円投資しようと思っていて投資できなかった場合、別の案件に10,000円でも投資できてしまうと、投資の切迫感は一時的であれ和らぎます。

小額投資が積立投資につながるメリットも

ポジポジ病がピークを迎える都度、少額の投資を行うと、必然的に小額投資が積みあがります。

元本の変動のある投資商品は時間を味方につけることができると強いです。投資信託投資の王道的な方法は、どんな時もどんな時も同じ金額を投資し続けるドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法で積立投資を行う事で、長期的な視点で運用が可能になり、最終的な資産増加を果たせる可能性が高まります。

ソーシャルレンディングに投資しようとしたけど、いいファンドがないな・・・、という時に焦って別のファンドに投資して損するくらいなら、少額でも積立型の投資に資金を回すことで、投資の切迫感から逃れることができますし、将来的な資産増加の可能性を高めることができます。

結果的に小額の積立投資に繋がるので、投資としては非常に理に適っています。あと投資は分散投資がリスク回避のためには必用不可欠。ソーシャルレンディング投資家は、投資資金をソーシャルレンディングに集中させている傾向があるため、一部を分散投資に充てることにもつながります。

個人的なオススメは松井証券の投信工房とFXの高金利通貨

ポジポジ病の際の代替投資先としてオススメできるのが松井証券の投信工房とFXの高金利通貨。

FXはコリゴリ・・・、という方は松井証券の投信工房がオススメです。当然両者ともに元本が保証されている訳ではありませんので、最終的に損する可能性があります。

ただし両社ともに小額から投資可能であり、余計なソーシャルレンディングファンドに投資して一気に損するリスクを減らすことができます。

松井証券の投信工房について

松井証券は「投信工房」という名称でETFや投資信託で資産運用を行うロボアドバイザーサービスを提供中です。

詳しくはロボアドバイザーの中でもAIが運用を提案して、投資家自らが売買を行うアドバイス型のロボアドバイザーですが、特徴としては最初に10,000円で投資を開始した後は、100円からの追加投資が可能となっている点。

最初に10,000円分の投資を行った後は、ソーシャルレンディングに投資しようと思ったものの、売り切れで投資できなかった際に、「投信工房」で1,000円でも投資することで、投資せねば・・・、という切迫感は相当和らぎます。

投資する先はETFや投資信託であり、相場変動のリスクはありますが、倒産してゼロになる可能性はまずありません。

ロボアドバイザーサービスは長期間に渡る資産形成を目指すものであり、また投資信託やETFを購入するため、日々の相場に一喜一憂する投資商品ではありません。

ソーシャルレンディング同様、一度投資したらリバランスといって途中投資先の入れ替えをしなければ、ズーッと同じ銘柄を持つことになり、基本的に退屈な投資です。ただし退屈な投資だから、元本部分の値上がり益も期待でき、儲かる投資となる可能性があります。



松井証券の口座開設詳細はコチラからどうぞ

まとめ

投資家にとってポジポジ病は非常に深いテーマを持った問題です。FXの場合、その問題をスグに認識することができますが、株やソーシャルレンディングでも同様に、ポジポジ病の存在の認識とそれに対する対応方法を知る・知らないのとでは、以後の投資の立ち振る舞いに大きな違いが生じます。

投資は何でもそうですが、無駄玉打たずに待つことが大切です。ソーシャルレンディングでも、本当の狙いのファンドが外れた結果、無駄玉打って失敗している方も多いのではないでしょうか?

投資で無駄玉打たないためには、どうしても予備の投資先・投資資金の逃げ道を用意しておく、というのはポジポジ病対策の有力な選択肢です。

松井証券の「投信工房」をご紹介しましたが、要は自分で逃げ道を作っておくことが大切です。本来投資する予定のなかったファンドに投資した結果、やられた・・・、となった方も多いのではないでしょうか?

管理人はソーシャルレンディングではポジポジ病にかかった事はありませんが、FXではポジポジ病の扱いに相当苦労しました。株でも似たような経験しています。

それに気づいて投資の逃げ道を作っておくという方法。そんなモノは必要ない、とソーシャルレンディング投資でポジポジ病が発症していないようなら大丈夫。

ただし予定していなかった案件に投資した経験があれば、ポジポジ病といっても間違っていないでしょう

松井証券の投信工房を逃げ道にするには、口座を開設するだけなら無料です。また最初に1万円投資を行えば、以降は随時入金して投資が可能です。

アセッテ投資を行い、その結果資金の失っては投資の意味を成しません。大怪我しないうちに、対策だけでも準備しておく事をお勧めします。ホント、ポジポジ病で多くの投資家が資金を失う結果になっているので。

ポジポジ病は克服するのは非常に難しいです。よってポジポジ病には逃げ道を作った上で、無理せず付き合っていくスタンスがオススメです。


松井証券の口座開設詳細はコチラからどうぞ

ソーシャルレンディング以外にも通じる投資ノウハウ記事はコチラ
つまらない投資ほどうまく行く可能性が高い

投資で損をした時にヤッテはいけない2つの事

-投資ノウハウ