ソーシャルレンディングの基礎

ソーシャルレンディングの勘違い、日本に個人向けローン案件は殆どありません

ソーシャルレンディングは危険!確かに年利回り5~10%を誇るソーシャルレンディングはハイリスク・ハイリターンの面が存在しています。

ただしその議論をよく見たり・聞いたりしていると、個人向けローン案件で過去焦げ付きが発生、との話を今もよく耳にします。

確かにかつて日本では個人向けローン案件で多くの焦げ付きが発生。しかしながら現在のソーシャルレンディング案件は殆ど法人向け融資案件です。よって個人向けローン案件視点でソーシャルレンディングのリスクを語るのは、視点がずれています。

今もソーシャルレンディング=個人向けローン案件、との勘違いが存在する日本のソーシャルレンディング業界を見る目。

ソーシャルレンディングを語る際は勘違いを排除して、事実を踏まえた上で議論したいものです。

スポンサードリンク

未だに過去の例から勘違いされることのあるソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングはリスクが高くて危険、そんな話を見たり聞いたりするケースがあります。確かに利回り5~10%もあればハイリターンの商品、と認識されるのはやむを得ない面があります。

ではなぜ危険なのか、ともう少し突っ込んでみると、案外出てくるのが個人向けソーシャルレンディングでデフォルトが多く発生している・・・。またこの話が出てくるのか、と思ってしまいます。「みんなのクレジット」の例を出されるとグゥの根も出ませんが、個人向け云々は完全に勘違い、

利回り5~10%の金融商品、リスクは確かにありますが、そのリスクを正確に把握するのが大切。今回は未だ言われる個人向け融資でデフォルトが多く発生したからリスクが高い、との勘違いを解消しようと思います。


ソーシャルレンディングに対する勘違いは今も多くあります

現在は国内で個人向け融資のソーシャルレンディングは存在しない

ソーシャルレンディングの先進国である欧米でソーシャルレンディングと言えば、個人向け融資が一般的となります。ソーシャルレンディングはP2P金融と言って、個人と個人がインターネットを通じてお金の貸し借りを行う、と言うのがその原点。

消費者金融のように単なる借入から、学生ローンから自動車ローン等、様々なローンがソーシャルレンディングサイトを通じて契約されています。

日本のソーシャルレンディングも、当初は欧米を見習って個人向けローンからスタートした歴史があります。

今や業界最大手の地位にあるmaneoですが、2008年の創業当初は個人向けローンのソーシャルレンディング会社として事業を開始しています。

maneoの個人向けローン事業は失敗し2011年には撤退

maneoの個人向けローン事業は延滞者が続出しあえなく失敗します。このmaneoの個人向けローンの失敗をもって、ソーシャルレンディング=危険、との勘違いが未だに少なからず存在しています。ま、確かに失敗は間違いないのですが、既にmaneoは個人向けローン事業から完全に撤退しています。

考えてみれば日本ほど個人がお金を借りる環境が整っている国はそんなにありません。消費者金融から銀行やクレジットのカードローンまで、様々な方法でお金を借りることができます。普通に銀行に預金があれば、ATMからお金が借りることができるんですから、便利な社会です日本は。

そしてそれらのサービスを提供している消費者金融やノンバンクを始めとする事業者は、過去の活動から回収ノウハウや信用供与のノウハウを蓄積しています。これらのノウハウ、一朝一夕で何とかなるものではありません。

そんな個人向けローン市場に殴り込みをかけたmaneoでしたが、結果はあえなく多額のデフォルト案件発生で撤退。通常の所でお金を借りることのできない方々が、低金利でお金が借りれる、となれば駆け込んでくるのは容易に想像できます。そして返済ができないのも・・・。

そんな訳で日本のソーシャルレンディングでは、個人向けローン事業はmaneoが一番最初に手掛けましたが、見事に失敗した歴史があり、今もその歴史は様々な所で語り継がれています。

関連記事:業界最大手maneo(マネオ)について

現在の日本では個人向けローンのソーシャルレンディングは殆ど存在しない

maneoが個人向けローンのソーシャルレンディング事業で大失敗しているのは間違いないのですが、そのmaneo自体が2011年に個人向けローン事業から撤退しています。

そして現在、日本のソーシャルレンディング事業者で個人向けローンを取扱いの事業者は殆ど存在していません。よってmaneoの失敗を背景に、ソーシャルレンディング=危険、との議論を行うのは、少々ずれているのではないかと。

現在の日本のソーシャルレンディング案件は殆どが法人向け融資案件。不動産案件が多くを占めていますが、太陽光発電の案件も多く存在します。また不動産・太陽光案件以外にも、通常の企業への融資案件からコインランドリーを絡めた案件・給料の前払い案件他、非常に多くの種類の案件が存在しています。しかしながらその殆どが企業に対する融資となります。

法人向け融資中心になってから大きな問題は一部を除けば発生していない

日本のソーシャルレンディング業界の歴史は、maneoの個人向けローン事業から開始された訳ですが、既に上記で説明の通り、2011年にmaneoは個人向けローン事業から撤退。

その後maneoは不動産を中心とする法人向け融資事業に活路を見出し、現在の国内ソーシャルレンディング最大手の地位にまで駆け上ります。

そしてmaneo同様、現在の日本のソーシャルレンディング事業者は殆ど法人向け融資を行っており、一部を除いて大きな問題が生じることなく現在に至っています。

問題が生じていない=順調に投資家からの資金募集→対象先への融資→融資回収により金利と投資元本を投資家に対し分配、のサイクルが回っていると言うことです。

ただしみんなのクレジットで問題が発生しており、現在もどんな着地を迎えるか分かりません、これまでの所、投資家に資金の返済はなされていますが、先行きは不透明を言わざるを得ません。

関連記事:みんなのクレジットに対し金融庁は行政処分の方向へ

スポンサードリンク

レアケースで個人向け融資案件もなくはない、殆どマイクロファイナンス

日本のソーシャルレンディングでは、日本人向けの個人ローン案件は全く無い状態ですが、海外向けの個人向けローン案件は、マイクロファイナンス案件として少ないながら存在しています。

定期的に募集を行っているのは、クラウドクレジットとSBIソーシャルレンディングの2社。

クラウドクレジットの個人向けローンの代表案件はペルー小口債務者支援プロジェクト。

クラウドクレジットの詳細を見てみる



関連記事:クラウドクレジットのペルー案件を解説、個人向け債権の回収案件

SBIソーシャルレンディングは「カンボジア技能実習生支援ローンファンド」として個人ローンファンドを募集。

SBIソーシャルレンディングの詳細はコチラからどうぞ
SBIソーシャルレンディング

他社でも海外のマイクロローン的な案件の募集があるケースもありますが、定期的な募集が行われているのは上記2社となります。

まとめ

今でも、ソーシャルレンディングは個人向けローンで焦げ付きが発生しておりリスクが高い、との記事を見ることがあります。その都度、ソーシャルレンディング=個人向けローン、とのイメージが強いのだなぁ、と思います。上記で解説のように、既に日本では殆どのソーシャルレンディング案件は法人向け融資案件となっており、個人向けローンの世界とは異なる世界に位置しています。

よってもしソーシャルレンディング=危ない、というのであれば、みんなのクレジットを例に取る、不動産価格の暴落等で語るのが筋論で言えば正しくなります。みんなのクレジットは事業者のリスクがそのまま表れた例になりますし、不動産価格の暴落の際はかつてREITの破綻があったくらいなので、ソーシャルレンディングも大きな影響を受ける可能性があります。

高い利回りを誇るソーシャルレンディング、ハイリスク・ハイリターンとの位置付けで構わないとは思いますが、個人向けローン案件で焦げ付きが多く発生したから危険、というのは現状の状況からは勘違いと言えます。

金融商品は、リスクはリスクとして正しく把握した上で検討を行うのが鉄則。ソーシャルレンディングも同様、現状の状況をしっかり踏まえた上で捉えるようにしたいものですね。

・最初にソーシャルレンディングの口座を開設するなら最大手のmaneoもしくはインターネット金融大手のSBIグループが運営のSBIソーシャルレンディングがオススメです。

maneoの詳細はコチラからどうぞ

SBIソーシャルレンディングの詳細はコチラからどうぞ
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングの実際を知るには下記もどうぞ
ソーシャルレンディングの金利が高い理由を説明してみよう

ソーシャルレンディングの高利回りの理由は不動産にあった!

「ソーシャルレンディングの基礎」記事一覧

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-ソーシャルレンディングの基礎