SL運営会社 オーナーズブック ニュース

日経新聞でオーナーズブックのロードスターキャピタルと松井証券の提携が報じられる

2017年12月13日の日経新聞朝刊でオーナーズブックが松井証券と提携、との記事を発見。おーっ、maneoとGMOクリック証券モデルの再現か、と思い両社のプレスリリースを探してみましたが、晩の時点で見当たらず。。。

このまま記事はなかったことになる可能性も無きにしもあらずですが、ともあれ両社からの正式発表を待ちたいと思います。

スポンサードリンク

日経新聞で松井証券とオーナーズブックの提携報道

朝、日経新聞を見たら、松井証券とオーナーズブックを展開のロードスターキャピタルが提携、との記事を発見。

松井証券は、不動産関連サービスのロードスターキャピタルと業務提携を締結する。インターネットを通じて不特定多数から資金を調達する「クラウドファンディング」サービスの提供などで連携する。(2017/12/13日本経済新聞

そして夜、時間が出来て改めて確認したのですが、松井証券及びロードスターキャピタルいずれも、提携のお知らせ、と言ったようなプレスリリースは出ていません。

うーむ、これは誤報?それとも生煮えの情報だったのか?もう2~3日で発表される情報なのか?これはしばらく様子を見るしかなさそうです。

GMOクリック証券とmaneoモデルと予想される

ソーシャルレンディング事業者とネット証券の提携は、既にGMOクリック証券とmaneoの組み合わせが出来上がっています。

関連記事:GMOクリック証券でmaneo(マネオ)の案件を取扱い開始へ
両社の提携、うまく行っているようにお見受けします。なにせGMOクリック証券で募集のmaneoのファンド、殆ど売り切れなので。

株なりFXなりトレードしている投資家、必ず待機資金はある訳です。またトレードが上手い人程、資金を休ませる機会が多かったりもします。

その待機資金の運用ニーズをGMOクリック証券+maneoは上手くとらえているのではないかなぁ、と考えています。

そしてロードスターキャピタルと松井証券の提携が本当だとすれば、目指す方向はGMOクリック証券+maneo連合ではないかと。

上場会社のロードスターキャピタルであれば、松井証券としても組む相手に不足はありません。ネット証券も、単に株式売買だけでは経営が厳しくなりつつある中、商品ラインナップの拡充との観点で、目新しいソーシャルレンディングを商品として加えられるのは悪い話ではありません。

それに、年利回りが数%と言う、証券会社がこれまで扱っている商品の中では破格の利回り。当然、リスクはありますよ、との説明は必要不可欠ですが、これまでデフォルトは殆ど発生していません、との実績あるソーシャルレンディング。特にリスク判断は自分で出来る投資家が多いネット証券では、品揃えの1つとして非常に魅力に感じるのではないでしょうか。

続報を待ちたい

12月13日の日経の朝刊で報じられていて、夜の段階でまだ松井証券、ロードスターキャピタルの両社いずれも提携に関するリリースは出されていません。

最終的にどうなるか分かりませんが、まずは続報を待ちたいと思います。続報が出次第、記事内容等追加して参ります。

このままフェードアウトの可能性もありますが、次の情報を待ちたいと思います。

オーナーズブックの口座開設詳細を見てみる
OwnersBook

オーナーズブックの関連記事
オーナーズブックの特徴、不動産会社が運営する不動産特化型

当サイトのオーナーズブック記事カテゴリー一覧

ソーシャルレンディングの情報は、「にほんブログ村」からも得られます。 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村 スポンサードリンク

-SL運営会社, オーナーズブック, ニュース